自然食業界キャリア15年のOBが綴る

理想の睡眠時間と就寝時間帯・クスリ依存がキケンな理由は!?

2020/04/18
 
睡眠時間
この記事を書いている人 - WRITER -
生協、有機野菜の宅配団体などに15年在籍し、自然食業界の裏表を目の当たりに。本当に安全に食べられる食材とは何か?日々追求しています。

■目次
1、睡眠と死亡率の関係
2、理想の睡眠時間とは!?
3、就寝の時間帯にも注意!
4、ホルモン分泌と美容健康!
5、睡眠薬と自然な眠りの違い

 

「睡眠と死亡率との関係」

 

これについて調べたデータが存在します。人の一生の三分の一は睡眠といわれますが、私たちは睡眠について深く考えることがあまりありません。

 

健康で元気な毎日の実現には、健康的な食生活適度な運動、そして快適で充分な睡眠が大切といわれています。私たちはもっと睡眠について、知識を得ておく必要を感じるのです。

 

そこで今回は、「適切な睡眠」について考えることで、無投薬無医療の生き方実現のヒントについて考えてみます。

 

■理想の睡眠時間は!?

人の理想的な睡眠時間は

 

「7時間」

 

といわれています。7時間よりも少なくても、それよりも多くても、健康にとってあまり良いことはないようです。

 

4時間以下の場合は、

男性:1.62倍・女性で1.6倍

 

10時間以上の人でも、

男性:1.73倍・女性で1.92倍

 

この割合で7時間の人よりも、

 

“死亡率が高まる”

 

と報告されているのです。理想の睡眠時間は7時間。それより長くても、短くても、“死亡率は高くなる”というわけです。

 

寝不足もダメ、寝すぎもダメ。ちなみに昨日12時間寝たから今日は大丈夫、こうした「寝貯め」なんて言葉がありますが、実際はできないそうです。

 

睡眠は日々充分な時間を取ることが大切、こうした次第になるのです。

睡眠時間

 

■就寝時間も大切!

睡眠時間が経るにつれ、

 

「ガン・心筋梗塞・脳血管障害・糖尿病」

 

などの深刻な病気を引き起こしやすくなることがいわれています。さらに肌のコンディションも悪化していき、老化が促進されていく。さらに肥満症などを引き起こしやすくなることが指摘されています。

 

食生活などもこれらの症状に関係があることは当然ですが、やはり快適で十分な睡眠は健康実現の基本中の基本になる。こうしたことになるのです。

 

理想の睡眠時間は7時間となりますが、もう1つ大切といわれているのは、

 

“就寝時間帯”

 

です。どの時間帯に眠るのが健康と美容に良いのか?この点も研究で明らかになっているのです。

 

■ホルモンに関係する!

疲労回復や美肌効果に効果的とされているのは、

 

「22:00~2:00」

 

の間に深い眠りに入っていることが大切と指摘されています。この時間帯に健康美容に欠かせない

 

成長ホルモン

 

が活発に分泌されることが分かっているからです。また起床時間は7時ごろに起きると、心身の活気に影響を与える副腎からの

 

ステロイドホルモン

 

の分泌も活発になることが指摘されます。睡眠時間と就寝時間帯を心がけ、快適で充分な睡眠を心がけたいものですね。

睡眠時間

 

■薬剤依存はキケン!

私たちにとって欠かせない睡眠ですが、寝つきが悪くなったりすると、

 

「心身の疲労」

 

は募ってしまいます。眠れない!その思いがストレスになり、ますます体を緊張させ、さらに眠れないといった悪循環に陥りやすくなってしまうのです。そうなると、

 

睡眠薬”

 

などに依存してしまう傾向がありますが、これは本当に要注意。睡眠薬による眠りと自然な眠りとでは全く

 

質が違う

 

このことを踏まえておく必要があるのです。

 

睡眠薬による眠りは心身をリラックスさせ、成長ホルモンの分泌を促すようなものではありません。それは身体をドンドン緊張させていき、意識を失わせるといった、

 

「失神や気絶」

 

に近い眠りであるからです。睡眠薬に依存するほど、心身のコンディションを崩しやすくなるので、できるだけ自然な睡眠を心がけることが大切。

 

昼間は積極的に太陽の下に出向き、身体を意識的に動かすことが大切です。昼の疲れは夜の休息、このような循環を作る大切なポイントになるので、ぜひ体を動かして、快適な睡眠を心がけましょう!

 

 

■次へ :『農薬散布を続ける人・無農薬で作れる人との違いはココ!

■前へ :『活性酸素除去と抗酸化サプリメントの知られざる関係とは!?

■TOPへ:無投薬・無医療の生き方マガジン

有機野菜の宅配委選び・後悔しない9つのポイント

この記事を書いている人 - WRITER -
生協、有機野菜の宅配団体などに15年在籍し、自然食業界の裏表を目の当たりに。本当に安全に食べられる食材とは何か?日々追求しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無投薬・無医療の生き方マガジン!  , 2020 All Rights Reserved.