自然食業界キャリア15年のOBが綴る

笑いと活性酸素・病は気からの真相は!?

2018/12/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
生協、有機野菜の宅配団体などに15年在籍し、自然食業界の裏表を目の当たりに。本当に安全に食べられる食材とは何か?日々追求しています。

心身ともの健康が元気で快活な人生を引き寄せる。誰でも分かってる事がらです。でも笑顔をいつもキープするのはストレス社会では難しいことでもあるのです。ココでは万病を招くポイントを知り、それへの効果的な対策について考えてみます。

■目次
1、よく笑うとはよく生きること
2、活性酸素の問題点はココにあり!
3、生活環にも配慮が必要な理由はココ!
4、心身を自然に整えて無理のない毎日を!

 

笑うこと。

 

笑いは人間関係の潤滑油。そんなことが言われます。

 

殺伐とした中で、人は元気に生きられない。笑顔あふれる場にいてこそ、全身がリラックスし、血流も良くなっていく。

 

気分も良くなり、体温も上がり、ひらめきやちょっとしたアイデアなんかも湧きやすくなる。

 

笑いは実に大切なものなのです。

 

それは人間関係を円滑にするばかりではなく、私たちの健康で快適な毎日に欠かせないもの。

 

よく笑うことはよく生きることでもあるのです。

 

深いシワはいつの時代も美の大敵になりますが、人が笑う際に使う筋肉は7つ。でも怒っている時は約200もの筋肉を動かしていると言われます。

 

怒りが続けば筋肉は硬直して深いシワの原因になりやすい。これとは逆で心身ともに笑っている際は筋肉が緩み、リラックスしているのでシワができても一時的笑いジワなんて言われますが、実は一時的でできても浅いもの。復元力も働きやすくなるのです。

 

時に、感情を爆発させて怒ることでのガス抜きは必要ですが、できることなら笑って過ごせる場所に身を置きたいものですね。

怒り

 

■活性酸素の問題は!?

怒る・嘆く・イライラする。

 

そうした気持ちが湧き上がると、体は緊張状態に陥ります

 

血圧が上昇し、心拍数も上がっていく。筋肉が硬直し、顔は紅潮、青筋が浮き上がってくる。そして消化器官の活動は低下していくわけなのです。

 

こうした状態に陥ると、私たちの体の中では「活性酸素」が過剰になります。

 

酸素を吸って生きる以上、活性酸素は必ず発生するものです。呼吸により体内に入った酸素の約2%は活性酸素になると言われているのです。

 

「活性酸素は万病のもと」

 

そうネガティブに言われるわけですが、実際は私たちの健康に欠かせない物質。体内に侵入した細菌やウィルスなどを攻撃してくれるありがたいものでもあるのです。

 

でも問題はその「過剰」。

 

活性酸素が体内に過剰に生まれてしまえば、その攻撃は私たちの正常な細胞や遺伝子にまで及んでしまいます。鉄が酸素と結びつきサビていくのと同じで、私たちの骨・皮膚・内臓などの組織にも次々にダメージを与えていく。

 

ガンやアレルギー、動脈硬化などの生活習慣病、その9割は活性酸素の過剰によるものといわれたりもするのです。

 

運動

 

■生活環境も大切!

 

“万病の元”、“諸悪の根源”といわれる活性酸素。

 

でも私たちの体にはそれを無害化する仕組みがきちんと備わっているのです。ただしその「量」があまりに過剰に傾けばさすがに処理も追いつかなくなってしまう。

 

活性酸素の過剰発生には注意が必要になるのです。

 

ストレスや緊張状態に陥ると、体内の活性酸素が増えていきます。不安でいっぱいになっていたり、睡眠不足が続いたり、昼夜逆転のような生活などを繰り返していればリスクは膨らんでしまいます。

 

また農薬や化学合成添加物を多く含んだ食材を日々口にしていれば活性酸素は増加していく。

 

このことも分かっているのです。

 

衣食住の生活環境をしっかり整えることも健康な人生には欠かせないものとなるのです。

 

リラックスをモットーに、あまり神経質になることなく大らかに構えることが大切。自然の摂理に則して作られた食材を日々口にし、適度に動き夜はきちんと休息する。そして穏やかな心で毎日を送る。

 

こうしたことが必要になるのです。

笑顔

 

■心の状態もしっかり!

身心ともにリラックス状態が続けば、細胞の新陳代謝が活性化し、消化液の分泌や排便・排尿なども促進されます。

 

ガン細胞は1日数万個作られているといわれますが、リラックスすることで免疫部隊のリンパ球の働きが活発になり、ガン細胞を退治しやすい環境を作ることができるのです。

 

故人となりましたが、『免疫革命』の著者で新潟大学名誉教授の安保徹氏は、

 

ガンと分かったらまず笑え!

 

治したいなら、リラックスを心掛け笑うことができる自分づくりが大切。このように指摘しているのです。

 

日々の心のあり方が体に与える影響は想像以上に大きいものです。笑いの持つ免疫力・解毒力は、強力で計り知れないものなのです。

 

自然食も大切ですし、適度で無理のない運動や自然な住環境も大切。それはこの汚染時代を生き抜くためには大切な事がら。

 

でも、私たちの心が自然でなければ、無駄な投資にもなりかねないのです。

 

自然食を食べる人の心が不自然であっては意味がない、心身ともに健康であることが大切になるのですね。

 

今回は自然な心のあり方について考えてみました。

 

■このページのまとめ

・よく笑うことはよく生きること

・笑いジワは浅く一時的で復元しやすい

・ネガティブな感情は体内の活性酸素を過剰にする

・活性酸素が問題なのではなくその過剰が問題である

・不規則な生活は体内の活性酸素を過剰に増やしてしまう

・残留農薬や合成添加物などを日々食べれば活性酸素は過剰になる

・心身ともの健康を保つことが活性酸素を体内で増やさない秘訣になる

 

■次へ :『日本人がサラダを食べなかった理由はコレ!有機野菜の問題点は!?

■前へ :『サプリメントとクスリの違いは何?知られざる盲点とは!?

■TOPへ:無投薬・無医療の生き方マガジン

有機野菜の宅配委選び・後悔しない9つのポイント

この記事を書いている人 - WRITER -
生協、有機野菜の宅配団体などに15年在籍し、自然食業界の裏表を目の当たりに。本当に安全に食べられる食材とは何か?日々追求しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 無投薬・無医療の生き方マガジン!  , 2018 All Rights Reserved.